スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機” 製作No.10 完成

P3286621r.jpg

P3286625r
ハセガワ 1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機”

 VF-1J“マクロス30周年塗装機”の1/48Ver.の完成です。
今回が初めての1/48スケールというビッグサイズのエアモデルの製作をしましたが1/72よりも細かな所が再現されておりビッグサイズもいいものだと思いました、ただでかいだけに塗装に時間がかかります。この30周年塗装機を1/72で最初に作ってからまさか1/48でも作るとは思いませんでしたがコンテストの成り行きで作る事になりました。

完成品ギャラリーはこちらにあります

   
スポンサーサイト

1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機” 製作No.9

ハセガワ 1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機”

P3076544.jpg
 コクピットのパネルはデカールを切り取って貼っています。

P3066540.jpg
 パイロットフィギュアはバラバラの状態で塗ってからパーツをくっつけて塗り直して修正です

P3266608.jpg
 ヘルメットはデカールを貼っています、その後クリアー。胴体は半ツヤクリアーを塗ってどちらも黒でスミ入れをしています。
 1/48となるとパイロットフィギュアの出来がかなりいいですね。

P3256603.jpg
 脚周りのオレオ部はABCホビーのミラーシートを貼っています、伸縮せいがありとても貼りやすいです。

P3266606.jpg

P3266607.jpg
 これで全ての工程が終了して完成となります。


   

1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機” 製作No.8

ハセガワ 1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機”

P3066536.jpg
 このパーツは1/72ではデカールでの再現してある所です、シャインレッドに塗って周りをつや消しブラックで塗っています。

P3066537.jpg

P3066539.jpg
 このようになります、さすが1/48は細かいです。

P3066531.jpg

P3066541.jpg
 キャノピーは真ん中にパーティングラインが出るバブルキャノピーとパーティングラインが出ない形状のものが用意されていますが、もちろんバブルキャノピーを使います、パーティングラインを消したらガイアノーツのマスキングコートを塗ってカットしマスキングしていますが残念な事に後ろの左側のスジが無い状態になています、もうフリーハンドでカットしてしまいました(笑)、上手くいきましたがね。

   

1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機” 製作No.7

ハセガワ 1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機”
 マクロス30周年の大胆なデザインのデカールを貼ります、今回の製作の目玉的な部分です。

 デカールはイタリアのカルトグラフ社製なので破れにくい丈夫なデカールなので気負う事はありません。

P3026520.jpg
 まずは虹色ラインのデカールを貼っていきその上にデカールを重ねる感じに作業していきます、蒸しタオルを使いしっかりと溝や凹凸に貼り込んでいき切り込みを入れれる所はカッターで入れていきなじませています、下のデカールをしっかりとなじませてから上のデカールを重ねています、貼る事が難しくないですが熱でなじませる作業にかなり時間を費やしてしまっています。

P3026521.jpg
 ある程度貼ってくると機首を付けないとデカールを貼れない所が出てきますのでパーツを接着します。

P3026522.jpg
 ここのデカールですが明らかに形状を間違えていますね、これは1/72版の形状でデカールが作られたものです、マクロス30周年塗装機は1/72を先に出したのでそれを元に1/48の製品化をしたせいでミスを犯したのでしょう、箱絵もそのまま使ったせいかVF-1が1/72版になっています(苦笑)

P3066529.jpg
 デカールを貼り終えたら光沢のクリアーを吹いています、ガイアノーツのEx-クリアーです。

   

1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機” 製作No.6

ハセガワ 1/48 VF-1J バルキリー“マクロス30周年塗装機”

 P2276506.jpg
 エンジンナセルはこのようにパーツ分割されているのですが分割部分をデカールがまたぐため接着してしまいます。

P2276507.jpg
 内側は丸いパーツでベクターノズルを止めるようになっていてノズルが最後に付けられるようになっていますがここもデカールがまたぐので組み立てます。

P2276508.jpg
 クリアーコートの関係上ベクターノズルはマスキングしています。

P2276509.jpg
 胴体もくみたてます、1/72と同様に主翼が可変するようにギミックがほどこされていますが、歯車が抜けないようにストッパーが付いています、1/72では抜けてしまうので所々で改善されています。

P2276516.jpg
 これでデカール貼りを行えます、エアインテークをマスキングしてからデカールの貼りつきを良くするために光沢クリアーでコートしました。

   

プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
207位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。