スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーゴ製作5 完成

P6247537q.jpg

P6247538q.jpg

P6247559q.jpg
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴ
 自由に作って楽しむ事の出来るプラモデル界の救世主となりうるウィーゴ完成です、手のひらサイズの小さいプラモです、他のプラモと色を合わせてセット作っているのもちらほらとみかけます。フィギュアのほうは顔をエポキシパテで作ってみました。
P6197519.jpg P6197523.jpg

こちらが完成品ギャラリーです
メカトロウィーゴその1
メカトロウィーゴその2

  

 
スポンサーサイト

ウィーゴ製作4

P6197521.jpg
P6197522.jpg

ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴ
ウィーゴ2体目完成です、フレームの色ですが成形色がウォームハワイトになっているのでそれを尊重してウォームホワイトで塗装しました。

カラーリスト
ガイアノーツ:パールウルトラマリンブルー
ガイアノーツ:バーチャロンカラーフレッシュミントグリーン
ガイアノーツ:バーチャロンカラーウォームホワイト
ガイアノーツ:プリズムマゼンダゴールド
GSIクレオス:キアライエロー
GSIクレオス:メッキシルバーNEXT

今回はYF-21で余った統合軍のマークを貼ってみました、クリアーの研ぎだしでデカールの段差をけしています。
P6177511.jpg
コンパウンドでGSIクレオスとタミヤのもの仕上げ目はどちらが良いのか試してみました、それぞれ半分半分で磨いてみましたが自分にはどちらが良いのか区別がつきませんでした。

  

 

ウィーゴ製作3

ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴ

P6127424.jpg
 ハセガワ1/35のメカトロウィーゴは2体セットなので、当初は1体でささっと終わらそうとしまいたがせっかくなのでもう1体作ってしまいます、最近投入したGSIクレオスのMr.ポリッシャーに3M社のスポンジ研磨材をつけて表面を仕上げています。
 手持ちで今まで使っていない色がたくさんあるのでそれを試すのにちょうど良いので2体目に手をつけました。

ガイアノーツのパールウルトラマリンブルーというカラーを塗ってみます。
P6127425.jpg
 パールという事で黒の上から発色すると思い込んでいて塗ったのですが、写真ではこんな感じですがかろうじて少し色が見える感じです、元のウルトラマリンブルーという色がありそれはクリアーカラーなのですがそれにパールを入れただけなので結局クリアーカラーです、なので黒の上からだとちゃんと発色しません。
 パールなら黒の上から発色するという勝手な思い込みで無駄な手間がかかってしまいました、黒を塗ってしまったのでとりあえずガイアノーツのEx-シルバーを塗りました、その上から塗装です。

P6137426.jpg
 シルバーの上からパールウルトラマリンブルーを塗りましたが発色するまでに時間がかかりました、今回は下をメタリックにしてしまったので輝き成分がメタリックとパールになってしまい、単純にこのパールカラーとしてどんな輝きなのかは確認できないという失態をしてしまいました、とりあえず最初の思い込みで塗装手順が乱れてしまったので後は自由に塗るだけです。

  


 

 

ウィーゴ製作2

P6087413.jpg

P6087415.jpg

P6087414.jpg
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴ
 メカトロウィーゴは超速で完成しました、細かい塗り分けはしていません、マジョーラカラーのアンドロメダⅡで塗装しています、何年か前に購入したカラーですがマジョーラで塗るものが無かったのでここで初めてつかいました。アンドロメダⅡとはパープルとブルーに変色するカラーです、見る場所や角度で色の具合が変わるので何色なのか分からない感じの色です。
 物が小さいので簡単に終わりそうな感じでしたがさすがはロボットなのでパーツの切り出し時はパーツの多さを感じました、が塗装は計2~3時間くらいで終わり組み立ても即終了で結局は簡単に完成できました。簡単に製作出来るので何体も作れそうです。

各パーツの塗装です。
P6077409.jpg
ブラック→マジョーラ:アンドロメダⅡ→クリアー

P6077406.jpg
蛍光グリーン

P6077408.jpg
ガイアノーツ:リアルアイアンシルバー

 てきとうにフィギュアを作らずにしようと思いましたが即完成したのでフィギュアを作ろうかと思います。

     

   


 

ウィーゴ製作1

P5187291.jpg
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴ

 ハセガワのクリエイターワークスシリーズからメカトロウィーゴです、クリエイターワークスシリーズとは作品の枠を超え、あらゆるジャンルのクリエイターによるイマジーネーションを立体化するというシリーズです。過去に震電Ⅱスペースウルフというキットを作っています。このシリーズを発足した頃は気合いが入っていて次々と新規キットを製品化してたシリーズでした。

 メカトロウィーゴというロボットですが小林和史さんとうクリエイターの方がデザインし展開しているシリーズみたいです。

P5187292.jpg
 製品はウィーゴが2体入っていてこれで1体分です、色違いでもう1体分入っている内容です。

P5187294.jpg

P5187295.jpg
 説明書はかなりこっています。

 今回これを作る事になったのは身内でコンペを開くので強制参加です、とりあえずフィギュアも作らずにあっさりと作ってしまおうと思います。

P6057403.jpg
 この前購入したポリッシャーを付属のヤスリで磨いた結果、このように適当に平ヤスリを当てた感じになりました、専用のスポンジ付のヤスリはスポンジの役目をはたしていなくヤスリの角で余計な傷をつけてしまい、やすり目は荒いのでつかえません。で他社製のヤスリをカスタマイズして試してみました。

P6057404.jpg

P6067405.jpg
 ヤスリをカスタマイズしたら磨き作業でもかなり威力を発揮してくれました。
 とりあえず手持ちで試せそうなヤスリは3M社のスポンジ研磨材を持っていましたので適当な大きさに切り両面テープ(キレイにはがせる)で貼って使ったてみた所、上手く面に追従して電動で傷消し作業が出来ました、ヤスリの大きさはヘッドの大きさに合わせる必要はなく大きめにカットすれ使い勝手がよくなります。カーモデルの研ぎだしで2000番くらいの作業でこれが上手くいけばかなり研ぎだし作業の精度が上がりそうです。



  

 
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1924位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
233位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。