ビギナギナ 製作Part10 完成

CIMG3144 - コピー
バンダイ 1/100 ビギナギナ完成です (機動戦士ガンダムF91)

CIMG3267.jpg CIMG3272.jpg

CIMG3277.jpg クロスボーン・バンガードの指揮官用MSでベラ・ロナ(セシリー・フェチャイルド)の機動兵器らいしいです、後に連邦軍に加入します。性能は現段階で限界に達しているそうでかなり強いらしいですが、ラフレシアに破壊されました。

 製作としては手を加えたい所を全て行えたわけではなく、表面処理はかなり傷だらけで残念な所もありますが、旧キットの製作は楽しめました、このF91シリーズで他にも作ってみたくなりましたが他に製作物があるため製作は未定です。ビギナギナを作ったら一緒に出てくるMSでジェガンがあるので並べてみたいのでバンダイには早くマスターグレードのジェガンを出して欲しいと思います、今の所ガンプラはマニアックなMS専門でやっていますので今度発売されるマスターグレードのギラドーガの製作を考えています


完成品ギャラリーこちらへ



スポンサーサイト

ビギナギナ 製作Part9

バンダイ 1/100 ビギナギナ

 市販のスライドマークと付属のスライドマークを貼っていきます、市販のデカールは持っていたものです
CIMG3112.jpg
サテライト コーションデータデカール1、一部は自由に切り取って使っています

CIMG3099.jpg CIMG3098.jpg

CIMG3097.jpg胸の辺りは付属のデカールです、このF91シリーズはコーションデカールが付属しているのが特徴です


カメラアイは定番工作で中にメタリックシールを貼っています、100円均一に売っているものです
CIMG3101.jpg CIMG3102.jpg

バックパックのフィンノズルは市販のABSジョイントに変えていますので、ゼリー状瞬間接着剤でつけます
CIMG3093.jpg CIMG3094.jpg
一気に全てを付けて位置を合わせます

CIMG3095.jpg 
上手く接着できました、ABSで保持力は抜群です

CIMG3103.jpg
ノズルなどはスモークグレーで汚れを吹いています

バーニアパーツは市販のパーツを使っています
CIMG3111.jpg 
コトブキヤ バーニアセット

CIMG3108.jpg 
wave NEW U・バーニア{丸}M

CIMG3113.jpg  
スプリングも瞬間接着剤でつけます

 色々と妥協しながらなんとか完成までこぎつけました、後日完成写真をアップします

ビギナギナ 製作Part8 塗装

バンダイ 1/100 ビギナギナ

 やっとの事で塗装に入れました、妥協の連続ですが塗装に入ってしまいます、塗装指示ではシルバー+ホワイト少量となっていますのでそれを参考にはしています

今回はサ-フェイサーを使います
CIMG3082.jpg
ガイアノーツ サーフェイサーエヴォ ブラックです。きれいに艶消しになりました

次はシルバーです
CIMG3083.jpg  
ガイアノーツ Ex-シルバーです。ガイアのメタリックには薄め液はメタリックマスターを使うのですが、今回の塗装はきれいにするわけではないので普通の薄め液を使っています

そして最後はシルバーにホワイトを入れてグラデーションを入れます
CIMG3085.jpg

マスキングしてパープルを塗装します
CIMG3086.jpg
足はパープルを塗ってからマスキングしてシルバーを塗り直したます、この方がマスキングが楽なので効率がいいです
CIMG3089.jpg
ガイアノーツ パープルバイオレットです、実際には紫色ですが写真では青になってしまっています・・・

額のマークは彫刻がしっかりしているので塗装しています、後でエナメル塗料で墨入れをします
CIMG3091.jpg 
面相筆の先に塗料を少しつけ、塗っていってます、ラッカー塗料は筆塗りしにくいです、水性ホビーカラーならもっと塗りやすいのか?

ビギナギナ 製作Part7 改修終了

バンダイ 1/100 ビギナギナ

CIMG2726 - コピー CIMG3065.jpg

ノズルの開口
 市販パーツで改修出来ないノズルは穴を空けて、裏にプラ板を貼っています
CIMG3079.jpg CIMG3081.jpg

肩のパイプ
 肩のパイプはポリなのでWAVEのA・スプリングに変えます
CIMG3069.jpg
CIMG3072.jpg 

胸のダクト
 元のダクトは削り取ってのでコトブキヤのダクトノズルⅡを使います
CIMG3074.jpg CIMG3075.jpg
 両面テープで貼り、えんぴつであたりをつけデザインナイフと彫刻刀を使い溝を彫ってつけます
CIMG3078.jpg 

顔の下に1mmのプラ板を貼り形を整えています
CIMG3070.jpg
 ここまでかなりの時間を費やしてしまい、作業も荒く処理も甘いですがこれで塗装に入ります、表面処理は400番のやすりで終わらしています、ビギナギナのわけのわからないシルバー塗装です

ビギナギナ 製作Part6

バンダイ 1/100 ビギナギナ

腹部の工作です
CIMG3045.jpg CIMG3046.jpg
 ポリキャップとプラ板、プラ棒、エポキシパテを使い可動部品を作りました、長さを合わせて調整しながら作っています

CIMG3047.jpg
 胸側にポリキャップの受けをつくり、胸と腹を差し込めるようになりました、自分で作った部品の精度がわるいため真ん中になるように調整して接着していますので少しずつずれています

CIMG3048.jpg CIMG3058.jpg
 ぶった切った腹部もなんとか修理でき可動するようになりました、ボールジョイントにすればもっと簡単に工作できたのですがバックパックなども重いため保持力が不安なのでこのような工作をしました、これによって胴体が伸びてしまったため完成した時にどうなるのかわかりません

首回りのパイプ
CIMG3057.jpg 

首回りのパイプが上にあるポリキャップなので処理がしっかり出来るかわからないためスプリングに変えました、端にプラ棒を付けてはめやすくしています。
WAVEのA・スプリング2.5mm
CIMG3059.jpg
パイプの曲がり方がおかしくなりそうですがなるようになるだけです、プラスチックだったらいいのに

バックパックの工作
CIMG3060.jpg 
 バックパックにつくフィンノズルはプラスチックのヒンジなのでグラグラしてしまいます、なので加工するのですがポリキャップを使う方法がみつからなく考えていた所、都合のいいパーツを持っていました
コトブキヤのABSユニット02 Hジョイント

CIMG3062.jpg
 精度が悪いと大変な事になるため慎重に穴を空けました、多分大丈夫そうですが、どうなるかわかりません、ABS製なのでこれをハメたら、取れなくなるので仮組も出来ません、ハメたものを取ったらバカになって保持力がなくなります、MG Vガンダムを作った時にこういうパーツがありやってしまいました

プロフィール

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
277位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: