ターンエーガンダム製作5 完成

バンダイ 1/144 HGCC ターンエーガンダムターンエーガンダム

P4281123.jpg P4281124.jpg
 残る色分け、コアファイターです、ガイアのスターブライトブラスを塗っています。

P4281125.jpg
 コクピットのロラン・セアックさんも筆による塗り分けです。

P4281126.jpg
 色分けが終わりスミ入れも終わったので後は組み立てて完成となります。

P4281132.jpg P4281128.jpg

P4281131.jpg P4281130.jpg

P4281127.jpg

P4281137.jpg P4281151.jpg
P4281173.jpg
 1/144HGCCシリーズのターンエーガンダムはシド・ミードさんの素晴らしいデザインが生きていて芸術的作品のようで玄関の置物としてもいいのではないでしょうか、同作に登場したモビルフラットもまた独特で、またキット化されていないMSも出てもいいんではないんでしょうか。

完成品ギャラリーはこちら

  

    
スポンサーサイト

ターンエーガンダム製作4 塗装②

バンダイ 1/144 HGCC ターンエーガンダムターンエーガンダム
 ターンエーガンダムの色分け作業です、マスキングをしていきますがマスキングテープと液体マスキングを使っていきます。

P4261109.jpg P4261113.jpg

P4261108.jpg
 フロントアーマーの黄色部はガイアのマスキングコートを塗って切り取っています。

P4261114.jpg P4271115.jpg
 こんな感じになりました、かなりキレイにマスキングできます、マスキングコートは飛行機のキャノピーでいつも使っていて一番上手くいくやり方なので基本的のどんな所でも使えますね。
P4271116.jpg
 これで基本的な色分けはおわりました、今回はマスキングコートによる切り取りを多様しましてかなり使える方法だと思いました。

P4271118.jpg P4271119.jpg

P4271120.jpg
赤⇒モンザレッド
黄⇒イエロー+オレンジイエロー+ホワイト
フレーム⇒ブラックグリーン

  

ターンエーガンダム製作3 塗装①

バンダイ 1/144 HGCC ターンエーガンダムターンエーガンダム
 塗装に入ります、まずはホワイトの塗装を行います。今回はホワトにブルー、イエロー、レッドを使うので全てのパーツをホウイトで塗りつぶします。

P4241092.jpg 
 さっそくこの前投入したクレオスの計量カップで良く使う色を大量に作りました。

P4241090.jpg P4251099.jpg
 まずはサフを吹き下地を整え、ホワイトを吹きました ガイアEx-ホワイト
 ターンエーは“ナノスキン”と呼ばれるものを表面にまとっているのでどんな風なのかはわかりませんが、少し塗装を変えます。
P4251102.jpg
にホワイトを極小いれたものでコートしました、パールは全くぎらついてません。

P4251106.jpg
 そしてブルーです、(インディブルー+コバルトブルー+ホワイト)を塗り、さらにまたクリアー+ホワイトパールにブルーで仕様した色を少し混ぜてコートしています。

P4241098.jpg
 自分が仕様しているウェーブのコンプレッサー317(タンク付き)です、最近修理に出していてまた使っています。大量のパーツをサフとホワイトで塗りつぶしたので計3時間かかったので、自分のオイルレスコンプレッサーはだいぶ発熱しています・・・また2~3年で壊れるんだろなぁ

  

ターンエーガンダム製作2

バンダイ 1/144 HGCC ターンエーガンダムターンエーガンダム
 ちゃんとパーツの合わせ目が消えているのかチェックをするので、その部分だけにサフを吹きます。
P4211069.jpg
P4211071.jpg
 色をつけた部分をやすりで削ると合わせ目が消えていない所に色が残っています。

P4211073.jpg 
 合わせ目が消えていない所に黒瞬間接着剤をパテとして使い合せ目の処理を行います。

次回はパーツの洗浄を行い塗装に入ります。

  

ターンエーガンダム製作1

バンダイ 1/144 HGCC ターンエーガンダムターンエーガンダム
 HGCCターンエーガンダム、まずは合わせ目消しが必要な所をプラモデル用の接着剤で接着してしまします。

顔の工程は中の部分を先に塗ってマスキングをして塗装という工程にします、MGターンエーでも同じ事をしていました。
P4130948.jpg
赤を塗ってからマスキングし白を塗り目を筆塗りしています、赤はモンザレッドを使っています、目はスターブライトシルバー→クリアーイエロー+クリアーオレンジ

P4130949.jpg
 そして何作っていると所々でスミ入れが必要な部分が出てくるので、スミ入れの時間短縮のためにタミヤから出されているスミ入れ塗料を思い切って全色そろえました、スミ入れように濃度を薄く調合されていて蓋に筆が付いているのそのままスミ入れができてかなりの時間短縮になります。

P4130951.jpg
 これで顔のパーツをはさんで接着します。

P4130977.jpg P4130980.jpg
 脚や腕のパーツは後から差し込めるように後ハメ加工をほどこしてあります。

P4160988.jpg
 これで合わせ目消しをするパーツは全て接着しました。

   

  
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
180位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: