スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターンX製作5 完成

P6281968.jpg P6281969.jpg

P6282014.jpg
バンダイ 1/100 MG ターンエックス完成が完成しましたが簡単にばらしてギミックを楽しめるなんてバンダイが培った技術で見事にターンエックスをMGで立体化するなんて凄いです。

P6282027.jpg


初のMG6000円キット製作はなかなk楽しかったです、デザイナーのシド・ミード氏の凄さを感じます、シド・ミード氏にメカデザインをしてもらったことは貴重な事ですね。

完成品ギャラリーはこちら

  
スポンサーサイト

ターンX製作5

バンダイ 1/100 MG ターンエックス
 左膝は黒へマスキング塗装を施します、ガイアのマスキングコートを使っています。
P6271950.jpg

P6281965.jpg

 そしてキャラパスとよばれるバックパックと武器の塗装です、最初にサーフェイサーをふいています。
P6281960.jpg
 キャラパスはインディブルーとパープルとミッドナイトブルーの混色です、このパーツが数が多くパズルみたいに複雑で塗り残しをしないように気をつけました、中にパーツを仕込んでいるので、完成すると結構おもいです。

P6292047.jpg
武器はミッドナイトブルーにレッドを混ぜています、ビームは蛍光レッドで端を塗っています。

P6281957.jpg
そしてギム・ギンガナムも塗っています、バンダイの1./100フィギュアは相変わらず出来が良いですね。

P6281958.jpg

P6281959.jpg

P6281966.jpg

ここまで製作を続けてきましてやっと完成へとたどり着こうとしていますので、次回完成です。来月にはHGAWガンダムエアマスターが登場します。

   

ターンX製作4

バンダイ 1/100 MG ターンエックス
 サーフェイサーを吹いた装甲パーツの色付けをします、ガイアラーを使いターンエックスの緑色を調色します。

P6251935.jpg
ガイアノーツ Ex-ホワイトに純色グリーンと純色イエローを1:1で混ぜた色を加えています。

P6261938.jpg
 グリーンが吹き終えたらグレーでスミ入れしてからマーキングシールを貼ります。

P6261940.jpg
P6261941.jpg
テトロンシールと転写シールのガンダムデカールがあります、ガンダムデカールの転写は良好で貼り易かったです、綺麗に光沢面に仕上げるとデカールがキレイに貼れるというのは転写シールにも当てはまるのか?

P6261943.jpg
 マーキングが貼り終えたらパールでコートします。

P6271944.jpg
ガイアノーツのプレミアムガラスパールです。

P6281956.jpg
 パールでコートしたら上からEx-クリアーで重ねています。

P6271946.jpg
 これでメインパーツの塗装は完了しました、後はバックパックがありますがこれがまた大物です、ターンエックスってこんなに大物だったと。

  

ターンX製作3

バンダイ 1/100 MG ターンエックス
 ターンXの装甲パーツの表面処理を進めています、400番のヤスリでヒケなどを処理し面出しを行っています。
P6231932.jpg
 ヒケが深い所は黒い瞬間接着剤でパテ処理をしています。

P6251933.jpg
 仕上げに800番の耐水スペーパーをかけて、超音波洗浄機で洗浄して処理は完了しました。800番のヤスリは空掛けだとすぐに目詰まりを起こすのでいつも水研ぎです。

P6251934.jpg
 塗装に移ります、まずはサーフェイサーを吹きました、クレオスのサーフェイサー1200を使っています。
 時間をかけてしっかりと下地を整えています、そして次回はメインのグリーンを塗装します。

  

ターンX製作2 メカサフ

バンダイ 1/100 MG ターンエックス
 パーツ数が多いので地道にパーツを切り出してゲート処理とヒケの処理をしています。

 とりあえずフレームの塗装を開始します、最近はガイアノーツでも発売したりと最近有名になってきたメカサフを使ってみます。
 ロボットの間接などの塗装に間接用に色を調合されたサーフェイサーで塗る事によりサフの食いつきの良さとサフ→カラーの2層塗装をサフだけの1層だけにすますという最近名が売れてきた塗装法です。

メカサフを自作していきます。このためにクレオスのサーフェイサー1000を用意しました。行きつけの模型屋にあまっていた奴で便のキャップが金属製の古いもんです(今はプラスチック)・・・そんなに売れんもんかね、まぁクレオスのサフは1200があるからわざわざ1000を買う事もないか

P6191922.jpg
サーフェイサー1000、サーフェイサー1500ブラック、GXモウリーングリーン、GXスージーブルーを混色して自作のメカサフの完成です。
 さらにガイアノーツの新製品“プロユースシンナー”で希釈しています。ガイアノーツでメカサフの発売と同時に普通のシンナーより強めのシンナーが出ました、これを使う事により耐摩耗性と食いつきが向上するという製品らしいです。

P6191923.jpg

中に入る部分があるのでそういう所を先に塗り、後は組んでまた塗装しフレームの塗装は完了です。
P6221929.jpg 

  

  
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
228位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。