フレイムアスチュートの製作1

P7034573.jpg
タミヤ ミニ四駆REVシリーズ No.5 フレイムアスチュート (ARシャーシ)
引き続きミニ四駆の記事になります、現在型のシャーシが欲しく思い選んだのがこのフレイムアスチュートです、ミニ四駆REVというシリーズです。

P6284535.jpg
昔のフルカウルミニ四駆やスーパーミニ四駆はモーターが付属していなくて別売りのモーターを選らぶ仕様な所がレーシーな感じでした(笑)が現行シリーズではノーマルモーターが付属しています、レーサーミニ四駆を思い出します。

これが目的の最新型シャーシのARシャーシです。
P6284538.jpg
シャーシ上面が一体型でおおわれています、こんな構造とは驚きました。上面から組み込むのはモーターの横に付いているギヤのです。

P6284539.jpg
電池は下から入れて他のカバーも全て下に付いています、モーターへのエアインテークがあります。リヤディフューザーなど空気の流れを意識したシャーシらしいですが、その辺はほんとに効果があるのでしょうか、子供のころはダウンフォースなどのうたい文句でT社さんによくだまされていましたからね。
剛性はほんとに凄そうでモノコックって感じですね。

P6294541.jpg
このボディもキレイに塗装をしようと思うのでいつ完成になるかはわかりませんね・・・

でモーターを買ってきました。ハイパーダッシュ3モーターです、近所でミニ四駆のパーツを揃えているお店はないのですがトイザラスでこのモーターだけは売っていました。
P7024564.jpg
今は3になっているみたいです、昔のハイパーダッシュモーターはブラックボディにレッドキャップでインパクトのある容姿でした。
しかし昔はトルクチューンと後に出たアトミックチューンしか使っていませんでした、当時のタミヤ公認ルールではハイパーダッシュモーターからの高スペックモーターは使えませんでしたからわざわざルールに合わないモーターを買う必要はないですからね、ルール内で使えたレブチューンモーターですが遅くて使えませんでした、本に書いてある通り負荷の少ない低速ギヤで組み合わせても遅くて使いこなせませんでしたね、回転数が高くても結局トルクがないと高速ギヤを回せないし、低速ギヤも回転数だけでは補えませんでした。昔は知恵もないし考える力もないからT社のうたい文句に騙されまくっていました(笑)、モーターの慣らし運転くらいはまともだったなぁ、それでも理屈もなくただ書いてある通りにやっただけで今とはミニ四駆の性能の出し方は全然でしたが。
今はミニ四駆もしっかりとしたチューンの仕方がみいだされて競技として良い時代になっているみたいですね。

P7024567.jpg
ハイパーダッシュ3モータを付けましたがノーマルモーターとは回転音が全然違います!

 
スポンサーサイト
プロフィール

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
277位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: