AWS210 クラウンハイブリッド  ロイヤルサルーン G'12製作06 完成

PA185155k.jpg PA185156k.jpg
アオシマ 1/24 AWS210クラウンハイブリッド ロイヤルサルーンG'12(プリペイントモデル)

クラウンハイブリッドロイヤルサルーン、グリルやライトなど最後の接着に最新の注意をはらい無事に完成です。
今回はプリペイントモデルという事で、内装などの塗装の手間を省いた製作でボディだけ塗装をしなおしましたが、ボディの塗装を落とすのは大変でした、紙やすりで地道に削っていたらそうとう時間のかかる作業になりペイントリムーバーを使いましたがそれでもなかなか落とせず、このプリペイントモデルに行ってある塗装は表面もキレイで塗膜も厚くしっかりとした塗装がされていました。
ボディだけ塗装を剥がして塗装という気楽に製作できると思っていましたが塗装剥がしにこれだけ苦労したのは予想外でした、アオシマのプリペイントモデルはそのまま作るべきだなぁ・・・と思いました・・・。

完成品ギャラリーはこちら

   
スポンサーサイト

AWS210 クラウンハイブリッド  ロイヤルサルーン G'12製作05

アオシマ 1/24 AWS210クラウンハイブリッド ロイヤルサルーンG'12(プリペイントモデル)

前回塗装した本体を仕上げました、つやに深みが出てきました。
P8124750.jpg
1500番のペーパーで磨いてクリアーを重ねています、気温が30度を超えてシンナーがすぐに飛んでしまうので塗料の希釈は様子を見ながら慎重に行っています。
ガイアのEX-クリアーにモデレイトシンナーで4倍以上で薄めて、リターダーも添加し伸びをよくしています。

P8124755.jpg
窓枠の塗り分けをするのでマスキングをしています。

P8124757.jpg

P8124759.jpg
ブラックを塗った後にさらにマスキングしてクレオスのメッキシルバーNEXTを塗っています。

P7254698.jpg
メッキパーツパーツのドアノブですがこのプリペイントモデルはここも塗り分けをしてあります。さすがに適当に塗り分けてあります。

P7254699.jpg
塗料だけ落としてメッキパーツを使いたかったのですが一部メッキがこすれてしまったのでしょうがないのでキッチンブリーチでメッキを落としました。

P8124753.jpg

P8124762.jpg
本体色を塗った後にマスキングしてメッキシルバーで塗り分けています。

  

AWS210 クラウンハイブリッド  ロイヤルサルーン G'12製作04

アオシマ 1/24 AWS210クラウンハイブリッド ロイヤルサルーンG'12(プリペイントモデル)

P7214695.jpg
800番でのペーパー処理を済ませたあとにサーフェイサーを吹いて塗装に入ります。

P7254702.jpg
クラウンハイブリットロイヤルサルーンのカラーラインナップの中で希少なメタリックブルーにしたいと思います。
バルケッタのマルチブルーを使います、レッドブルなどに使えるカラーとして持っていましたので使ってみます。

P7254700.jpg
まずはガイアのEx-ブラックを塗ります

P7254703.jpg
次にバルケッタのマルチブルー

P7274704.jpg
最後にクレオスのディープクリアブルーを塗って、クリアーでコートしています
この後1500番ペーパーで表面を整えてさらにクリアーを吹きいてから、窓枠などの塗装をします。

 

AWS210 クラウンハイブリッド  ロイヤルサルーン G'12製作03

アオシマ 1/24 AWS210クラウンハイブリッド ロイヤルサルーンG'12(プリペイントモデル)

プリペイント仕様のキレイな塗装がしたボディでもったいないですが予定通りに塗装を剥ぎました

P7104669.jpg
ペイントリムーバーです、クレオスで出している塗装剥がし用の溶剤です。

P7104666.jpg
パーツにティッシュを被せてスポイトで溶剤を垂らして染み込ませ時間が経った塗装をふき取っています。
この塗装は厚くしっかりとした塗膜なので320番のペーパーで削っても簡単には下地はみえてきません、リムーバーでもなかなか塗装が落とせずにかなり苦労をしました、塗装の落ち具合が場所によって違うのでそれによって塗膜の違いを感じます、塗装が強い所はとにかく落ちにくいです、ある程度ヤスリで削ってからリムーバーを使ったほうが効率が良い気がします。
リムーバーを半分も使ってしまった。
さすがに塗装剥がしようのペイントリムーバーなのでこの液にどぶ漬けをすればキレイに塗装が落ちてくれるのですが、容量がすくないのでそうはいきません。

P7104667.jpg
こんな感じで剥がしました、あとはヤスリで表面処理を行います。

ぐだぐだといいながら行った塗装はがし作業が終わってから数日後にガイアノーツがリムーバーを出すという事を知りました、このタイミングはなんなんだ。まさにこんな感じで行いたかった。再販されたBRZのプリペイントモデルで試してみたいですね。

ガイアペイントリムーバーのページへGO






 

AWS210 クラウンハイブリッド  ロイヤルサルーン G'12製作02

アオシマ 1/24 AWS210クラウンハイブリッド ロイヤルサルーンG'12(プリペイントモデル)

P7084652.jpg
デカールの発色がかなり良いです

P7084654.jpg
貼ってみると端の透明部が目立たなくキレイに貼れたので今回のデカールの品質は良いみたいです、デカールもその時に印刷した状態が違うらしくそれによって良い物悪い物になるため、久々に高品質なデカールにあたりました。



P7094656.jpg

P7094658.jpg
塗装済のシャシーも組み立てて文句のない出来です、ドアノブとハンドルのクラウンにシフトレバー周辺のパーツはメッキになっていて元のキット自体のこだわりが凄いです。

P7094663.jpg
軽く組んでみました、組むだけで塗装済のプラモデルの完成です、これからボディだけ塗装をするので剥がしていきます。

P7094664.jpg
高級車を作るのは初めてなのでやはり高級車はデカイ車ですね。

P7094659.jpg
せっかくメッキになっているフロントグリルにミスがあります、ゲートの後が表に出ています、これはもう型を修正して直せる事ではないのでしょう、地味に悲惨なミスでもったいないですね。この事はあまり大ごとで騒がれてもいないみたいですが。

 
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
297位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: