ガンダムエアマスター製作1

P7252409.jpg
バンダイ 1/144 HGAW ガンダムエアマスター
 予定をしていたHGAWガンダムエアマスターの製作をいたします。

P7252410.jpg
P7252414.jpg
 オールガンダムHG化計画で生み出されたポリキャップPC-002です、ターンAには使われなかったので久々に会ったきがします、サンダーボルトやゼータプラスなども使っていませんでした。このポリキャップを使うか使わないかでグレード分けでもしているのかと感じてしまいますが・・・。しかし間接や他の可動部に使われている特殊な?PSパーツは良いですね、これによって少し大きめのMSターンエックスのMGモデルはポリキャップレスとなってしまたのは驚愕です、しかもこの素材によってターンエックス独自のギミックが再現されていますから、ほんと凄い素材です。この少ないポリキャップ仕様ははどの製品も同じフォーマットという事で1つも余らずに全部使い切ってしまいあとはPSパーツで全てを補うというフォーマットということなんだろうか。

P7262422.jpg

P7262424.jpg

 単純な変形のためかほぼ変形です、ゼータプラスはほぼ差し替え変形でした。

スポンサーサイト

LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム

完成品No.44 バンダイ BB戦士 LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム

P7232398.jpg

続きを読む

レジェンドBBフルアーマー騎士ガンダム製作4 完成

P7222348.jpg P7222349.jpg
Vアンテナの裏は金色のメタリックテープで補修して全て完了です。

P7222347.jpg
ウレタンも硬化したので組みあげます。

P7232397.jpg P7232391.jpg
バンダイ BB戦士 LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム

レジェンドBBフルアーマー騎士ガンダムが完成いたしまして、今回はメッキシルバーを使ってキャンディー塗装をしてみましたが、メッキシルバーの粒子をなるべく崩さないように砂吹きで時間を掛けてクリアカラーを吹いていきました。普通のシルバーを使ったのとは違ったメタリック感は再現できているのかと思います、最後はウレタンクリアーできっちりと光沢を出しました。

完成品ギャラリーはこちら

    

レジェンドBBフルアーマー騎士ガンダム製作3 塗装②

バンダイ BB戦士 LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム
 メッキシルバーNEXTで染めたパーツに色をつけていきます。

まずは水色です。
P7192330.jpg
ガイアカラーのEX-クリアーにシアンを少し加えて薄くぬります

次は青色です。
P7192331.jpg P7202334.jpg
カブトと胸部をマスキングしてクレオスのディープクリアブルーで塗装

最後に銀色を塗ります。
P7202335.jpg
鎧の縁などを色分けするのでマスキングします、これがかなり大変なマスキングでした、色分けの縁に○モールドがあったり、肩は3次元面であったりとなんだかんだで3時間以上費やしています。かなり難しいマスキングだと思います。
銀はガイアカラーの鉄道模型カラー、ダークステンレスシルバーです。

そして仕上げにクリアーコートをします。今回は自分がカーモデルに使っているZESTのウレタンクリアーを使います。

P7202344.jpg P7202340.jpg

P7202343.jpg

P7202341.jpg

P7202336.jpg

P7202333.jpg P7202339.jpg
足はクリアーレッド、盾はターコイズグリーンに縁がクリアー+純色グリーン+純色イエロー

これで後はウレタンが硬化したら組み上げ完成です。

    

レジェンドBBフルアーマー騎士ガンダム製作2 塗装①

バンダイ BB戦士 LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム
 塗装に入ります、まずは全てのパーツをメッキシルバーで塗装していきます。

 それではしっかりと下地を作っていきます。最初にサーフェイサーです。
P7172323.jpg
クレオスのサーフェイサー1000

P7182324.jpg
次にブラックです。ガイアカラーのEx-ブラックです。ブラックの仕上げに塗料に遅延剤を混ぜたブラックで肌を作っています。

P7182326.jpg
そしてクレオスのメッキシルバーNEXT

P7182328.jpg
パーツが結構ありますね

    

レジェンドBBフルアーマー騎士ガンダム製作1

P7132297.jpg
バンダイ BB戦士 LEGENDBB フルアーマー騎士ガンダム

P7132295.jpg

P7132296.jpg

 前々から作ろうと思っていたレジェンドBBシリーズです、今回は先日発売されたフルアーマー騎士ガンダムを作ってみる事にしました。
 まずは肉抜き穴をポリエステルパテで埋めていきます。
P7142301.jpg

 ポリパテにラッカーシンナーを少し加えて粘度を落として穴に流していきます、数回繰り返して流しています。固まったらやすりで整えて、黒い瞬間接着剤で補修しています。一部はプラ板で穴埋めをしています。
P7162315.jpg

P7162318.jpg

P7162319.jpg
 ゲート処理と合わせ目消しをすませ800番のヤスリ処理でフィニッシュです。次に塗装に入ります。

    

ゼータプラス(ユニコーンVer.)製作1 商品回収

P7112286.jpg

P7112284.jpg

P7112285.jpg

 新製品です、ゼータはかっこいいので予定外ですがつい買ってしまったので面出しに没頭していました、800番のヤスリ処理でフィニッシュしました。
P7142303.jpg
 今回は仮組ができました、足アーマーは付けていませんが、とりあえずZガンダムはカッコ良い。最近、主流の新PSパーツの間接ではなく昔ながらのポリキャップ仕様のガンプラです、MGではオレンジとホワイトのテストタイプカラーがありましたがグレーカラーはこれでカッコ良いのでグレーで塗装します。

製作中断
 製作に集中している最中ですがバンダイホビーサイトのほうでゼータプラス回収という事態になりました。

 不具合が2つあり1つは頭部の左ダクトの成形不良です、他のメーカーでこの手の不良はあるのでこういうもんだとは思っていましたが(笑)

で、もうい1つは前垂れ部の誤加工です。
P7142311.jpg
 前垂れの形状を間違えたらいしいです、バンダイに商品一式を送りお金の返金か正物の交換で対応するみたいです。せっかく時間をかけて表面処理が終わったのでこれをバンダイに返すという馬鹿な事はしませんが、とりあえず製作中断です、と言ってもいずれにせよこの不良品は記念として残しますけど。
 なので予定していたフルアーマー騎士ガンダムの製作を進めていきます。

 

F-4EJファントムⅡ製作No.3

ハセガワ 1/72 F-4EJ ファントムⅡ
P5281794.jpg 

 エアインティークの段差と隙間をポリパテで埋めます

P7052196.jpg
P7052195.jpg
 ポリパテを盛ったら主翼の部分の形合わせに離型剤を塗った主翼を仮止めしてパテが固まるまで待ちます。

P7052202.jpg
P7052204.jpg
 パテ部分の形状修正が終わったら主翼を接着します、前方に隙間ができますので黒い瞬間接着剤を盛って接着します。

P7072264.jpg

P7072261.jpg
 主翼もやすりで整えたらサフを吹いて様子をみます

P7082266.jpg
 エアインティークの所は見事に溝があり失敗していますのでもう一度パテ盛りです。

P7082280.jpg

余談ですが今月発売されるハセガワ製RVF-25 ルカ機の製作のため手持ちのVF-25を接着しておきました、ついでにミラージュも
P7082282.jpg

 

  

VF-0D フェニックス

完成品No.43 ハセガワ 1/72 VF-0D フェニックス
P7072260.jpg

続きを読む

VF-0D 製作No.8 完成

P7072223.jpg
ハセガワ 1/72 VF-0D

VF-0Dとバトルを繰り広げたSV-51γを作ったノリで作り始めましたが製作を進めずに1年以上かかってしまいましたが奇跡的に完成しました、ハセガワのマクロスシリーズはバリエーションを抜かすとで全機種作っていますが、これでブログにもやっとVF-0系が追加されましたが後、VF-22系とVF-19系が無いので年内にとりあえず19系を追加したいです。

P7072255.jpg

P7072254.jpg 

完成品ギャラリーはこちら

VF-0D 製作No.7

ハセガワ 1/72 VF-0D

P6151876.jpg P7052197.jpg
工藤しんにエドガー・ラサール

P6131869.jpg P6131870.jpg

P6171908.jpg P6151878.jpg
ベクターノズルは焼き鉄色とガンクロームを混ぜています。脚のオレオはメッキシルバー

P6131871.jpg

P6171909.jpg P6171910.jpg
ガンポッドとフェイスの頭はクリアーレッドで塗っています。

これで作業が全部終わりパーツを接着したら完成です。

VF-0D 製作No.6 デカール

ハセガワ 1/72 VF-0D

P6101864.jpg


VF-0Dのデカールです。

P6101865.jpg

P6131867.jpg

 薄くていいデカールでした、細かいデカールがたくさんあり結構な作業になりました。マークセッターでしっかり糊をつけて蒸しタオルを駆使して貼っています。
 やっぱ統合軍のマークがあるとカッコ良いですね、マクロスFのVF-25はSMSなので統合軍マークがついていなくて残念でした。

AU-09 アナライザー

完成品No.42 バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー

P7042126.jpg

続きを読む

アナライザー製作6 完成

P7042123.jpg P7042125.jpg

バンダイ 1/12 ロ-9型自律式艦載分析ユニット AU-09 アナライザー

宇宙戦艦2199に登場する分析ユニット“アナライザー”が完成しました、ノズルのエフェクトパーツや台座を付ける所はさすがバンダイといった所でしょうか、マスキングや筆による塗り分けもあり面白いキットでした。

完成品ギャラリーはこちら

 

アナライザー製作5

バンダイ 1/12 ロ-9型自律式艦載分析ユニット AU-09 アナライザー
アナライザーの製作も仕上げにはいります。

P7022081.jpg
 キャタピラはクレオスのレッドブラウン+カーキで塗ったあとにブラックでスミ入れ、カーキでドライブラシ。写真ではちゃんと移っていませんが・・・

P7022079.jpg
バーニアはガイアノーツのスターブライトブラス

P7032099.jpg
エフェクトパーツはクリアーブルーでグラデーションをつけています、ガイアノーツのクリアーブルー

P7032096.jpg P7032097.jpg
 他に腹部はレッドブラウン、顔下はキアラーイエロー+オレンジイエローです、あと黒い部分をエナメル塗料で筆塗りをしています。これで全ての工程が終了してパーツを組みあげます。

 

アナライザー製作4

バンダイ 1/12 ロ-9型自律式艦載分析ユニット AU-09 アナライザー
 アナライザーの銀枠などブラシと筆により色わけを行っていきます。

ブラックはクレオスのサーフェイサー1500で塗っています。

P7022077.jpg

P7022082.jpg
頭の銀枠をまずはマスキング出来る所をガイアのEx-シルバーで塗り分けています。

P7032092.jpg
あとの部分はエナメルのシルバーで塗り、はみだした部分をシンナーで拭き取っています。

下腹部です
P7022076.jpg

P7022083.jpg
 まずは先と一緒にEe-シルバーで塗り分けます。

P7032095.jpg
 あとはブラックを筆で塗っています。

顔の部分です
P7012074.jpg

P7022075.jpg

P7032091.jpg
ブラックの塗り分けてから筆でシルバーです。

胸の塗り分けは銀枠を筆塗りです。
P7022087.jpg

P7032090.jpg

これで細かい作業も終わりましたので残す塗装もあと少しです。

 

アナライザー製作3

バンダイ 1/12 ロ-9型自律式艦載分析ユニット AU-09 アナライザー
 アナライザーの塗装を進めています、今回はオレンジを塗っていきます。
クレオスのキアライエローにマゼンタを加えて塗ります。

P7012073.jpg
手の平と指を塗り分けます、クレオスのマスキングゾルを筆塗りしてマスキングし塗装しました。

P7022085.jpg
マスキングをはがすとこんな感じです、上手くいきました。

P7022086.jpg

P7022089.jpg
ダークブラウンでスミ入れをしてオレンジの塗装は完了です。

 

アナライザー製作2

バンダイ 1/12 ロ-9型自律式艦載分析ユニット AU-09 アナライザー
 アナライザーも塗装に入ります、赤色を塗装していきます。

まずはサーフェイサーで下地をととのえますが、成形色が赤いのでピンク色のサーフェイサーを塗って一石二鳥です。

P6302062.jpg
 クレオスのサーフェイサーエヴォ ホワイトに純色マゼンタをいれてピンクサーフェサーを作りました。

P6302063.jpg

そして赤の塗装です
P6281964.jpg
Mr.カラー ハーマンレッド+オレンジイエロー+ホワイト+ブラックでこれに色の源マゼンタで赤味を調整しました。

P7012067.jpg

 次回は残りの色を終わらせていきます。

 

ターンエックス

完成品No.41 バンダイ 1/100 MG ターンエックス

P6282026.jpg

続きを読む

ターンX製作5 完成

P6281968.jpg P6281969.jpg

P6282014.jpg
バンダイ 1/100 MG ターンエックス完成が完成しましたが簡単にばらしてギミックを楽しめるなんてバンダイが培った技術で見事にターンエックスをMGで立体化するなんて凄いです。

P6282027.jpg


初のMG6000円キット製作はなかなk楽しかったです、デザイナーのシド・ミード氏の凄さを感じます、シド・ミード氏にメカデザインをしてもらったことは貴重な事ですね。

完成品ギャラリーはこちら

  
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
448位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: