グリモア製作2

バンダイ 1/144 HG グリモア
PA313042.jpg
グリモアの合わせ目が生じる所を合わせ目を消して胴体は合わせ目の段差がきつかったのでSSPを使ってパテ処理をしたりしています、やすり掛けを400番~800番まで終了したらクレオスのサーフェイサー1000で下地を整えました。

PA313044.jpg
カメラなどのピンクの部分はガイアのスターブライトシルバー→蛍光ピンクで塗っておきました。

グリモアはここまでくればすぐに完成できそうです、製作ペースも少し回復に近付いてきました。

   
スポンサーサイト

グリモア製作1

PA243035.jpg
バンダイ 1/144 HG グリモア

富野由悠季監督のガンダムの新作“Gのレコンギスタ”から待ちに待ったグリモアのプラモデルが発売されたのでさっそく製作にとりかかります。

PA243033.jpg

PA243034.jpg

PA243041.jpg

以外だったのはポリキャップPC-002を使ったフォーマットでした、ポリキャップが少なく柔らかめのPS素材のハメ合わせでポリキャップやABSとはまた違う可動部の性能を持っているキットです。ダークブラウンのパーツは全て柔らかめのPSなので削ったりと加工に関してはは固いPSよりもデメリットはありますが、なんとかなります。

PA243039.jpg

PA243040.jpg

 

ZⅡ(ゼッツー)

完成品No.50 バンダイ 1/144 HGUC ZⅡ(ゼッツー)

PA183024.jpg

続きを読む

ZⅡ製作5 完成

PA183016.jpg PA183018.jpg

PA183023.jpg
バンダイ 1/144 HGUC ZⅡ

HGUC ZⅡ長い製作期間でしたが完成しました、ライフルやバズーカなどが4本あるという鬼のキットでしたが無事に完成です、キット構造も懐かしい鬼の内容で黄色と赤と青のマスキングによる塗り分けの鬼の塗装でモデラー泣かせの鬼キットでした、その分値段に反映されているはず・・・。

完成品ギャラリーはこちら

 

ZⅡ製作4 エアブラシクリーニング

バンダイ 1/144 HGUC ZⅡ
PA122984.jpg
これは普段自分が使っているエアブラシ エアテックス MJ-724です。中に残った塗料のせいで、トリガーの引きが重く、使い終わって次の日は中の残塗料が固まりニードルが取れない状態で、毎回ペンチでニードルを掴んでこじり取っていたり、トリガーも引っ掛かり、塗料の出も安定していない感じですのでついにオーバーホールを行いました。

PA122983.jpg
今年タミヤから発売されたエアーブラシ用クリーニングセットです。これには詳細な説明書が付いており親切な仕様になっております。
PA122985.jpg
ノズルのネジ部に塗るシール材と高粘度グリスです。高粘度グリスは“高粘度”とうたうだけあり、少し糸を引くくらいの粘度があり他社で出している模型用のエアブラシのグリスと差別化しているのはさすがです。

PA122987.jpg
そしてこれが掃除に使うブラシです、極細と中の2種類あり極細でエアブラシ内を掃除します。

PA122988.jpg
これからクリーニングを始めます、最初に書いとおり自分のエアブラシは悲惨な状態なので分解は何回もしておりますので、お手の物です(笑)

PA122990.jpg
PA122991.jpg
極細ブラシにパーツクリーナーを付けて洗います、しっかりと塗料が出てきます、綺麗になるまで洗浄を繰り返して完了です。あとは説明書通りにグリスをつけてエアブラシのオーバーホールは完了しました。
これで塗装してみましたところ塗料を出している時の音が格段に変わり安定している感じです、目の粗い塗料も吹きやすくなりましたので今までそういう場面で大変だった事がエアブラシの調子によるものだという事が分りました、過去にも思っていましたが調子の悪いエアブラシで吹いていると色んな事に気を使い塗装するので技量が上がり塗料の調整の仕方も細かく身につくと思います。

PA112981.jpg
キャラクターイエロー

PA112980.jpg
ガイアのローズブライトレッド

PA132998.jpg
ビームライフルはミッドナイトブルー+フラットベース
他はサーフェイサーにブラックを加えて色を付けています。

PA122994.jpg
メカ部はガンダムカラーのファンとトムグレー、いつもファントムグレーは安定してエアブラシから出ていなく塗りにくさを感じていましが、エアブラシの内部をクリーニングした事により変わりました。

これで塗装も終わり次回ZⅡの完成です。

 

ZⅡ製作3

バンダイ 1/144 HGUC ZⅡ

問題の塗装にはいります、マスキングにこだわってきましたが結局は無理にでも後ハメした方が良かったです・・・

PA042973.jpg
まずは最初のマスキングです

PA062974.jpg PA082976.jpg
次に黄色や赤を塗りそこをマスキング

PA112977.jpg PA112978.jpg
一たん白を塗ってから青を塗ります、白を厚くすると色の境目に白が出てしまうので隠ぺいはさせずに薄く白を吹きます。
インディブルー+スカイブルー+レッド

PA112982.jpg
こんな感じになりましたマスキング塗装で心配していた白も厚みが無かったので出てきませんでした。

ZⅡ製作2

バンダイ 1/144 HGUC ZⅡ

HGUCのZⅡの製作をしていますが昔ながらの製作法を必要とされる面倒なキットですが相当時間がかかってしましました、今回は製作時間も減っているのもありますがあまりにも時間がかかりました。

P9212960.jpg
後ハメが出来ないスラスターはマスキングによる色分けです。
P9232971.jpg
ゲートの近くに凸モールドがありゲート処理があまりにもし難いです、これはバンダイ製品にはよくありますね。

とりあえず先に塗装してから組む場所です、ガンダムカラーのファントムグレーと本体色のC306です。
P9212958.jpg P9212959.jpg

これらの塗装済のパーツを中に組み込み接着して合わせ目消しです、この製作法を求められるのは今の製品では珍しいと思いますが、この昔のような仕様があまりにも露骨な感じもします。合わせ目が出ない仕様が過激化して高額になってきてしまっているからこれによってコストダウンでもしているのだろうか?
P9222962.jpg

PA032972.jpg
全てのパーツの合わせ目処理と表面処理、ライフルやバズーカの鬼の4つセットも含んだ処理が終わりパーツ洗浄まで終わりました、いつもよりかなり時間がかかっていますが塗装がいつもよりも工程が多く最近の製品とは思えない内容です・・・。

プロフィール

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
259位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: