スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VF-11D サンダーフォーカス製作No.11 カメラポッド

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
 レジンパーツのカメラポッドの塗装です。

P1156256.jpg
 色分けをするので先に細かい所を塗ってマスキングしてしまいます。
クレオス:ゴールド
クレオス:メタルブラック
クレオス:レッド
クレオス:ダークシーグレーBS381C/638
ガイアノーツ:Ex-ホワイト

P1156259.jpg P1156260.jpg

P1156258.jpg

P1186261.jpg
本体色は指定のクレオスのネービーブルーにブラックを加えた色です。

P1266325.jpg P1266324.jpg
 端の部分も細かく塗り分けています。

 ブラックでスミ入れしてからデカールを貼り半ツヤクリアーでコートして完成です。
P1306335.jpg

P1306337.jpg

P1306339.jpg
 初のレジンパーツに苦戦しましたがなんとかカメラポッドも完成しサンダーフォーカスが完成しました。

  
スポンサーサイト

VF-11D サンダーフォーカス製作No.10 カメラポッド

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
PC316177.jpg
 サンダーフォーカス専用のカメラポッドの製作です、レジン製部品で原型はマクロス・ザ・ライド・の模型を担当していたkuwaさんという方が作っています。
 表面処理処理を終わらせて脱脂をし、クレオスのプライマーサーフェイサーを吹いて塗装に入りました。

P1106253.jpg
 白の色分けでマスキングをしていた所、見事に塗装が剥がれました、初のレジンパーツでさっそくのトラブルです。
 なにも気にせず塗装に入りましたが説明書にはレジン部品の塗装の脱脂の仕方が細かく書かれており、脱脂して30分以内にプライマーを吹いてくださいと書いてありまし、確かに脱脂をしていて思いましたが、脱脂をして日が経つと表面が塗装の乗らなそうな感じに戻っていました、あとマスキングテープでパーツを固定した時に食いつきが悪く変だとは思ったんですが・・・。

P1136254.jpg
 せっかく作業を進めてショックでしたがペイントリムーバーで塗装を全て落としやり直しです。

P1146255.jpg
脱脂したら直ぐに水分を拭き取りプライマーを吹きました、念のため強力なプライマー、ミッチャクロンことガイアマルチプライマーを吹きました。サフを吹いて塗装のやり直しです。

  

  

ハセガワ製スーパーメサイア製作開始

ハセガワ 1/72 VF-25F/S スーパーメサイア
spma.png
 毎年参加している地元のコンテスト用の作品を製作いたします。

 今回の予定は1/48 VF-1J“マクロス30周年塗装機”、1/72 VF-25S“エメラルドフォース”、1/72 VF-25 スーパーメサイアの3機を製作しようかと思っています、元々1/48 VF-1J“マクロス30周年塗装機”を出そうと思っていて去年購入していたものですがVF-25が積んであるので処分してしまいたくマクロス軍団を作ってしまおうと思いついただけす。
 このスーパーメサイアは購入する気はなかったのですが今回のコンテストをマクロスにしぼったので新製品を加えようという思いつきをやってしまいました、これで現在のVF-25は4機積んである事になりました・・・。

P1016190.jpg

P1016193.jpg
 スーパーメサイア用の新規パーツです、クリアーパーツもありますね。

P1016194.jpg
 スーパーメサイアF/S用のデカールです、エメラルドフォース仕様に作ろうと考えた時に思ったのですがノーマル版のVF-25F/Sにも同様に色んな仕様にして楽しめるようなオプションデカールが全くついていないんですよこのキットは、デカールの紙のスペースの問題かはわかりませんがね・・・。

 せっかくなので積んであった“ルカ機”を処分しようと思いました。
P1016189.jpg

P1016195.jpg

P1016196.jpg
 ルカ機でスーパーメサイアの製作を進めていましたが、2月にミシェル機のスーパーメサイアが限定発売されるのを知ったのでそれならいずれルカ機のスーパーメサイアも出されてはたまったもんじゃないのでルカ機の製作は断念しまたした、それならこのオプションデカールも付いていないA型の頭部(G型と同型)もついていないアルト機オズマ機のスーパーメサイアはいらなかったし、とんだ災難です。

P1296326.jpg
 ルカ仕様を断念したのでスーパーメサイアに付属のVF-25本体を組み立て中です。

   

ミラージュ2000“アイドルマスター高槻やよい”製作No.3

ハセガワ 1/72 ミラージュ2000“アイドルマスター高槻やよい”
 ミラージュアイマスは地道に進めていました。瞬間接着剤を使いレジンパーツを付けるのですがそのまま付けただけだと指をひっかけたり作業中に確実に取れてしまうので真鍮線で補強をします、プラパーツなら溶着をしただけで十分なのですがね。

P1016182.jpg
 レジンパーツに穴を開け真鍮線を通しました、これを本体につけますが正確な位置につけたい所です。本体に穴を開けてつなぎますがこの穴を正確にあけないと取り返しがつきません。

P1016183.jpg
 上手くいきました、不安な作業でしたが何とかなりました。

P1016184.jpg

P1226320.jpg
 黒い瞬間接着剤で接着し、成形して無事に作業が終了しました。

P1226321.jpg
 モールドをニードルで彫っていき、隙間などプラバンなどで埋めたりして意外と時間がかかってしまいました、最後に800番の耐水ペーパーで表面処理を終えたのでやっと塗装にはいれます。とりあえず白塗装までの作業を終わらすのがノルマでやっております。

    

VF-11D サンダーフォーカス製作No.9

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
 サンダーフォーカスのパイロットです、複座型なので2人乗っています。
P1036205.jpg
D・アイボリー、ピントが合っていません・・・

P1036208.jpg
ローズ・グリューネシルト、ピンとがヘルメットに合っています・・・
それぞれクレオス311グレーFS36622を塗ってから、パーソナルカラーのグリーンとオレンジで塗っています。

P1046215 - コピー
 パイロットを機体に乗せてシマシマの脱出装置を付けて完了です。

キャノピーのマスキングです、ガイアノーツのマスキングコートを塗って切り取っています、上手くいきました。
P1026198.jpg

P1026200.jpg

P1046217.jpg
ブラックを塗ってパイロットネームを貼り、半ツヤでコートしてからマスキングを剥がしています、ピンとが合っていなかったですね。

 これで機体の方は作業が終わったのですが、マクロス特有のガンポッドの塗装をするのですが限定生産版なのでカメラポッドというレジン製の専用品がついています、レジンパーツは初めてなのでトラブってしまたのですが、このレジンってのは取扱に癖がないですかね。

  

YF-19 製作No.12

 完成しました、ハセガワ 1/72 YF-19
YF-19orVF-19は今まで5機くらい作りましたがマクロスプラスでイサムが乗っていた大元のYF-19をまともに作ったのはこれがはじめてになります。

P1196264r.jpg

P1196271r.jpg

P1206319.jpg
 ガンポッドをつけ忘れていまいた・・・、このガンポッドですがハセガワのマクロスキットの最新のVF-25では機体に付けるためのパーツと付けないためのパーツが用意されていますがそのよく意味はわかりません。ついにこのブログ内でYF-19を加える事が出来ましたので1/48も作りたい所ですがそれは未定です、YF-21は限定生産よるバリエーションが発売されたらそれを機に作りたいですがいまじゃもう夢の話ですね、バリエーションのVF-22はもう出す気はなさそうです。

完成品ギャラリー←こちらをクリック

  

YF-19 製作No.11

ハセガワ 1/72 YF-19
 YF-19のパイロットの塗装です。

P1036209.jpg
 VF-11Dのパイロットと一緒に塗っています。

P1036204.jpg
マクロスプラスに出てきたYF-19のパイロット イサム・ダイソン
クレオス:311グレーFS36622
ガイアノーツ:ウルトラブルー
ガイアノーツ:Ex-ブラック
肩と足のストライプはデカールです。

P1046214 - コピー
 イサム搭乗です、エポキシ接着剤で固定しています。

P1046212.jpg
 脚の塗装はホワイトでオレオはクレオスのメッキシルバーNEXTです、あとはクリアーパーツを付けて完成となります。

  

YF-19 製作No.10 デカール貼り

ハセガワ 1/72 YF-19
 イサムが乗っていたYF-19のデカール貼りです、特に複雑な所がないので苦戦はしませんでした。

PC296168.jpg
 とりあえず都合いい感じにバラバラにしています。

P1016186.jpg
 マクロスモデルは毎回デカールを貼り終えるとカッコ良くなります。

P1026199.jpg
 キャノピーの色分けです、ガイアのマスキングコートでマスキングしています。

P1046216.jpg

  

VF-11D サンダーフォーカス製作No.8 デカール貼り

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
 デカール貼りです、このサンダーフォーカスには高性能のイタリアのカルトグラフ製のデカールになっております。

PC306176.jpg
 とりあえず適当にカットしています、今まで薄くカッターを入れて剥がすという方法をしていましたが剥がす時にどこかに折れ目がついたりして破れたりした事が多々ありましたのでその方法はやめました。

P1016188.jpg
 蒸しタオルを押しつけなじませたりしてデカール貼りが終わりました。

  

VF-11D サンダーフォーカス製作No.7 塗装

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
サンダーフォーカスは最後の塗り分けを行います。

PC306174.jpg

PC306175.jpg
 後部のノズルはガイアノーツ:ダークステンレスシルバー、これでデカール貼りを行えます。

ベクターノズルの塗装です。
P1036210.jpg
クレオス331 ダークシーグレーBS381C/638
クレオス28 黒鉄色

  

VF-11D サンダーフォーカス製作No.6 塗装

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
PC286164.jpg
 サンダーフォーカスの緑色の模様はデカールがついていますが塗装で補わない所がありますのでマスキングをしていきます。デカールとの色合わせが大変でどこで色分けをしているのか見逃しやすい嫌な作業です。

PC286165.jpg
 説明書にある調合はデイトナグリーンとホワイトとシアンです。

PC286162.jpg
 機首と左脚の側面をマスキングしました左のカナードはデカールが付いていますが機首と繋がる模様なので塗装をしてしまいます、機首と繋がっているのにカナードだけデカールが付いているのが理解できませんね。デカールを貼っている途中に左脚全部色分けをしなけらばいけない事に築きました。

PC316178.jpg
 
PC316179.jpg
 見逃していたマスキングです。左脚にはデカールを貼る前に気付いたので大惨事にならずによかったです。

PC296169.jpg

PC316180.jpg

PC316181.jpg

 マスキングのついでに黒くする部分を塗ってしまいます、この部分はデカールが付いていますが塗装の方が都合が良さそうです。
PC286163r.jpg

PC296170.jpg

PC296172.jpg
 基本的な色分けが終了してスミ入れをしています。

  

YF-19 製作No.9 塗装

ハセガワ 1/72 YF-19
 YF-19は今回で塗装が完了したします、ハセガワのYF-19は完成度を高める事を求めるには地道な作業が必要となり難しいキットなので長い記事になってしまいました。

PC276146.jpg
 頭部の後ろのメカ部分を色分けしています、クレオスの黒鉄色です。

PC276144.jpg
 脚庫の色分けです、周りを大まかにマスキングテープを貼ってからマスキングゾルを塗っています、やはりマスキングゾルを使うこの方法が一番手軽です。

PC276150.jpg
 これで機体の塗装が終了しました、これこそマクロスプラスでイサムが操った実物のYF-19のスケールモデルのような感動が湧いてきました。

PC286166.jpg
 タミヤのスミ入れ塗料ブラックでスミ入れを行ったのでデカール貼りに入れます。

PC276156.jpg
 インテークのファンもマスキングによる色分けです、クレオスのシルバーです。

  

VF-11D サンダーフォーカス製作No.5 塗装

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
 メインカラーのアイボリーを塗ります、今回はグラデーション塗装を行います。

アイボリーですが指定の調色がありますがクレオスのグランプリホワイトで塗ってしまいます。

PC276154.jpg
 まずはクレオスのグランプリホワイトで全体を塗った後にサンディブラウンでモールド部をなぞっていきます。

PC276155.jpg
 モールド部にブラウンを残すようにしてグランプリホワイトを塗装していき終了です。

PC286167.jpg
 この時点で塗装が終了した部分です。次は緑の模様で塗装が必要な所があるのでその塗装をします。

  

作業工具専門店のゴッドハンド 福袋 2016

P1056218.jpg
 2016年1月3日9時より販売が開始されたゴッドハンドの福袋1万円です。
 楽しみににしていたフジミ模型の福袋が今年は販売されませんでしたのでゴッドハンドのを買ってみました。
1万円福袋の内容はこのような内容です。
 ゴッドハンドオリジナル商品の中でも、イベント限定販売や、生産数が少ない希少価値の高いニッパーが、必ずどれか1本入っている1万円福袋。
その他に最低、4商品が入っています。

何が入っているかあけるのを楽しみにしていたのですが、商品お届けメールに中身が書いてあり、楽しみを奪われてがっくりしました。

中身はこんな感じでした。
P1056220.jpg
【左用】アルティメットニッパー 訳あり商品
 希少価値の高い6種類の内1点が入っているという商品からこの【左用】アルティメットニッパー 訳あり商品にあたりました、メーカーのブログなど、アルティメットニッパーが片刃タイプのニッパーなので通常品の刃が上から下になっただけなので右手でも支障はないみたいで、ゲートの位置によって使い分けるという方法があるみたいです。

P1056221.jpg
片刃ニッパー 訳あり商品
 アルティメットニッパーよりも気軽に使えるというグレードを落とした商品ですね、しかし通常品は定価2700円ですから超高ぇニッパーですよ!!アルティメットニッパーよりも手に入りやすいみたいです。片刃ニッパーがダブった感がありますが使うならこちらで左用アルティメットはコレクションですかね。通常アルティメットがありますから。片刃ニッパーを3本所有ということになりました。

P1056222.jpg
ツノダ 先細リードペンチ
 ツノダ製品のペンチですね、これは重宝しそうです。

P1056223.jpg
プラバンハサミR
 ゴッドハンドの商品プラバンハサミです、しかもこれはRで高い方でした、Rは0.5mm以下の厚さにしか対応していませんがそこかわら切り口がキレイという商品らしいですね、プラバンを手軽にカットできて効率が上がりそうです、切り口が悪くとももっと厚いのが切れる方が使い所がありそうですがそちらのほうが値段が安いですから買えばいいという事ですね。

P1056224.jpg
ニッパーメンテナス油
 ニッパー専用にゴッドハンドが販売している油です、油は潤滑用と防錆用に2種が入っています、メーカーによればなかなかの性能らしいです、とりあえずあるならなくなるまで使うだけです。

P1056225.jpg
ニッパースタンド 訳あり商品
 ゴッドハンドが販売するニッパーのスタンドです、ねじがスムーズに入り精度が素晴らしいですね。実はこれは欲しくていつか買おうと思っていましたのでさっそく使ってみました所。
 
P1056226.jpg
 工具が散乱していたのでニッパースタンドを使いましたが・・・・、これはゴッドハンド製品とツノダ製品の専用品みたいでした・・・。本気で買おうとしていたのでこの福袋によって手に入れてよかったです。

プラバンハサミが高い方が入っていたのはゴッドハンドの親切心がありました、一番の収穫はニッパースタンドの性能を確認できた所ですかね(苦笑)





VF-11D サンダーフォーカス製作No.4 塗装

ハセガワ 1/72 VF-11D サンダーフォーカス
 サンダーフォーカスの塗装にはいります、本体色のアイボリーの塗装の前に部分塗装を行っていきます。

PC196087.jpg

PC196094.jpg
ダクトやノズルを塗ってマスキングをしています、この辺はYF-19と一緒に行っていました。

PC206095.jpg
次にサーフェイサーを塗って色を整えています、クレオスのサーフェイサー1000です。

PC276151.jpg
次にライトグレー部があるので塗装します、指示色がクレオスの315グレーFS16440になっていて、持っていないかと思っていたらF-4ファントムを作った時に使っていました。

PC276152.jpg

PC276153.jpg
塗装したライトグレーをマスキングしてメンカラーの塗装に入ります、忘れていた左側のライト周りにシルバーを塗りマスキングしておきました。

  

YF-19 製作No.8 塗装

ハセガワ 1/72 YF-19
 今回は黒いラインを付属のデカールではなく塗装をしたいと思います。

PC266129.jpg
デカールを型紙として利用するためにコーピーをしています。

PC266131.jpg

PC266132.jpg
このように型紙をセットし、マスキングテープを貼っていきます。

ライトの黒ふちは塗装のためにしっかりとモールドを彫り込んでいたので楽にマスキングのカットができました。
PC266130.jpg

PC266133.jpg

PC266135.jpg
マスキングが終了して“F型”のような姿に

PC276140.jpg
ガイアノーツのEx-ブラックにて塗装

PC276147.jpg

PC276143.jpg
イサムの乗っていたYF-19に近づてきました。

  
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
281位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

模型用工具ゴッドハンド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。