FC2ブログ

仮面ライダージオウ 製作3

バンダイ Figure-riseStandard 仮面ライダージオウ

P6230467.jpg
 画像はメッキパーツのメッキを落とした状態です、ジオウには一部メッキパーツがありますがゲート後がありますのでメッキを落としてシルバーに塗装します。
 メッキパーツをそのまま漂白剤につけても何も起こらなかったのでパーツ表面がクリアーコートされていたようです、ラッカーシンナーに付け込んでラッカーを落としたら普通に漂白剤でメッキが落ちました。カラーのついていないシルバーメッキなので上塗りはしていないと勝手に思い込んでいたのですがそうでもないようです。

P6270475.jpg
塗装したのがこちらでガイアノーツのプレミアムメッキシルバーです。
 ガイアノーツはプレミアムメッキシルバーを出した後にプレミアムミラークロームというのを出したので、今回使用したのは旧版といったところでしょうか、この塗料を最初使った時はエアブラシが詰まっていて性能を発揮できませんでしたが良い状態で使ってみると仕上がりに驚きました、この手の塗料で再現できるクロームメッキとは違った感じになります、ジオウは金属時計のブレスレットの装飾がされていますが金属時計に近い感じの仕上がりになっています。これは何かと重宝しそうだと思い再度購入を考えた所後に出たプレミアムミラークロームは販売していますがプレミアムメッキシルバーは無いようで実際の所わかりませんが生産終了してしまったとしたら残念です。

P6300494.jpg
水性クリアーでコートしました
 プレミアムメッキシルバーの特徴としてはラッカー塗料なので水性クリアーなら粒子を壊さずにコート出来る事です、他のこの手の塗料はラッカーではなく何性塗料なのかよくわかりませんが、ガイアノーツがラッカー塗料として出した事が当時画期的でした。

P6300495.jpg
触覚の顔の中心当たりはピンクになっていますので、クリアーピンクで塗りました。

P6300496.jpg

P6300497.jpg
首はフラットブラックからの塗り分けです。

     

  
スポンサーサイト



仮面ライダージオウ 製作2

バンダイ Figure-riseStandard 仮面ライダージオウ



P6230466.jpg
 仮面ライダージオウのピンクに塗った部分をマスキングしてブラックを塗ります。

P6300498.jpg
胴体と肩アーマーはセミグロスブラック

P6300499.jpg
脚と腕はフラットぶラックです。

P6240469.jpg

P6300500.jpg
 腕のブレスレット部はマスキングしてガイアノーツ:Ex-シルバーで塗っています。

     

  

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ(ドラゴンボール超)

完成品No.102 バンダイ Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ

P7220580.jpg


続きを読む

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ 製作5 完成

P7220566r.jpg
通常

P7220570r.jpg
超サイヤ人

P7220561r.jpg
超サイヤ人ゴッド超サイヤ人

P7220563r.jpg
バンダイ Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ

 ジオウとゲイツの製作でゴジータの更新がかなり遅れましたがフィギュアイズスタンダードのゴジータ製作終了です。元々このキットには通常ゴジータとゴジータブルーとヘッドパーツが2つついているのでそれなら超サイヤ人版もヘッドも製作という事でキットをもう一つ購入して3形態のゴジータを再現できるようにしました。後は残りのキットでドラゴンボールZ版の袖がオレンジのゴジータをつくれば計画完了します、製作は未定ですが。
 映画版ドラゴンボール超にサプライズでゴジータ登場に合わせたまさかの製品化となったフィギュアイズゴジータ完成です。

     

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ 製作4

バンダイ Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ

フィギュアライズスタンダード ゴジータ3形態のヘッドパーツです。

P6300483.jpg
超サイヤ人ゴッド超サイヤ人

P6300484.jpg
超サイヤ人

P6300481.jpg
通常

P6300485.jpg
叫び顔も3形態製作し完了です、次は完成になります。

     

仮面ライダージオウ 製作1

バンダイ Figure-riseStandard 仮面ライダージオウ
 フィギュアライズスタンダードの仮面ライダージオウの製作をゲイツと一緒にコツコツと進めています。

P5190427.jpg
 真っ黒で何か分からない写真ですが間接周辺のパーツは間接とそれ繋がるパーツは接着してしまった後に後から差し込める構造になっていなくて可動する部分についてはパーツ同士のはさみ込みの構造なので全て組んでしまったら、可動させている角度事に中に隠れている部分があり動かして塗装という作業を何回も繰り返さなければいけないので、1パーツ出来るごとに塗装していきますのでこの時点でフラットブラックを塗っています、ジオウみたいにブラックなら色が付きやすいので前者の製作法でも苦労はしませんが色が一定になるまで何回も重ねるような色では大変です。

P6220463.jpg
 いきなりピンクを塗った画像になりましたが、間接の隠れる部分を先に塗ってからそれに挟み込むパーツを合わせ目けししてから全部ブラックサーフェイサーを塗っています。
 ジオウにはピンクの色分けがありますのでピンクを塗ってからマスキングしてフラットブラックを塗ります。
 ピンクの発色のためホワイトを塗ってからクレオスのメタルピーチで塗っています。

他のピンクの部分も塗っています
P6220465.jpg

P6220464.jpg
 手のパーツはジオウの厄介な部分です、指間接事にピンクの装飾がされています、これはおおざっぱにマスキングしてフラットブラックにしたら筆塗りで調整です。ビルドを作った時はありませんでしたが仮面ライダーは手のパーツで厄介な塗り分けが何かとそんざいしています。

     

  
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
753位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
109位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: