FC2ブログ

YF-21 製作No.2

ハセガワ 1/72 YF-21
 怪鳥の製作は順調に進んでいます、YF-21という機体を再び作る事をなかなか実行出来なかった理由としてはコクピットに問題を感じているからです。

P5147063 - コピー

 前の記事で触れたように目隠しされているキャノピーなので製作にあたってはここをなんとかしたいというのがありました、普通のコクピットのVF-22なら問題はないのですがあれは限定生産でしかも2種出されながらも数がたいしてでていません、それとハセガワはマクロスの限定版は再生産する気がまったくありあません、なので99%再生産はしないでしょう、VF-0のゴーストブースターとか再販したら売れんじゃね・・・。といってもリサイクルショップでVF-22がプレミア価格無しであったからまた手に入れたんですけどね、近い内にVF-22Sの製作は行いたいです、ミリア機かガムリン機かどっちかで検討中です。

 とりあえずYF-21は脳波で操縦するという特殊な機体なので視界もカメラを通して脳でみてるのでキャノピーがクリアである必要がありません、そしてコクピット内は他の機体と違い配線だらけなので中が見えないのにディテールアップをしたくなるという特殊なキットになります・・・。その製作にあたっては
〇キャノピーの開閉化(差し替え)
〇コクピットのディテールアップ
をやってみたいと思います。

キャノピーの開閉化は前回終わっているのでコクピットのディテールアップです、それっぽっくやってみました。

P5157066 - コピー

P5157065 - コピー

P5147062 - コピー
 プラバンで適当にディテールアップして0.5mmのテグスでパイピングしています、映像だと左右の操縦桿から配線がでているのでそこにもテグスをつけてみました、右の操縦桿がふさがっているので穴をあけました。

P5157074 - コピー

P5177288 - コピー
 カラーはガイアノーツ:ブルーグレーを基本にシート部はクレオスC317のグレーです。ブラックでスミ入れをしています。

P5157080.jpg
 これでパーツを接着する事が出来ました、映像通りにするとディテールアップは出来そうにない感じですが適当な感じで出来たのでこれで問題は解決しました、後もう一つ悩みの種がありそれは塗装なんですがなんとかなるでしょう。

  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
141位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: