FC2ブログ

チャージ マツダ 767B 製作4

P3170371.jpg
ハセガワ 1/24 チャージ マツダ 767Bはウレタンクリアーを吹いて研ぎ出しをしました、時間をかけずに作業しているため蛍光塗料をを塗った時にトラブルが起きましたが今回のクリア吹きも慎重にやらなかったために正式なメカニズムは知らないので解説は出来ませんが蛍光オレンジがシンナーの影響でデカールに染みてしまいました、白いデカールが黄ばんでいます、デカールを貼ったらカッコイイなと気に入ってきた所だったので黄ばみのない白いデカールが侵されてしまったのはさすがにちゃんとやっておけば良かったと思いました。

研ぎ出しの後はボディのマフラー周りがシルバーなのでマスキングして塗装します。
P3170372.jpg

P3170373.jpg
GSIクレオスのスーパーメタリック スーパーファインシルバーです、このスーパーメタリックシリーズは最近に容量と値段を変えてリニューアルされたのですが、それまで生産停止になっていたらしく生産停止になっていたなんで知りませんでし。

 

チャージ マツダ 767B 製作3

P2100358.jpg
 ハセガワ 1/24 チャージ マツダ 767Bの塗装です、ホワイトをべた塗りしてから蛍光オレンジで塗っていきます。時間もないので色分けせずにオレンジのみのとそうです。

P2100360.jpg
 GSIクレオスの蛍光オレンジでささっと厚塗りしたら見事にひび割れをしました、あとはガイアノーツの蛍光オレンジで塗っています。

もうこの後は童心に帰って製作していきます。

P2170369.jpg
 いきなりデカール貼りが終えた画像ですが、デカールを貼ったらこの車は存在感が凄いです、それとF1は数年前に何体か作っていますが箱車のレーシングカーを作るのは10年以上前でカーモデルを作った初期の頃にスーパーGT車両など作った依以来です、しかし箱者のレーシングカーはなかなか良いですね、その時にザナヴィ ニスモをカッコ良く作りたいと思っていたので今やっとザナヴィ ニスモの製作をしたいと思います、スーパーGTでニスモのザナヴィはもう居ませんので残念です。

 

チャージ マツダ 767B 製作2

P1190335.jpg
ハセガワのチャージマツダ767Bの一応サイドウインドウとボディの段差を気にして修正してみようと思いました。

P1200339.jpg
パテを使って修正してみましたが、のんびりと製作もしていられませんので細かいことは気にせずさっさと塗装をしてしまいます。

P2100354.jpg

P2100356.jpg
最後に800番のヤスリで仕上げたら洗浄をしてグレーサーフェイサーを吹きました。GSIクレオスのサーフェイサー1500です。

この後ホワイトを塗り本塗装にかかります。

チャージ マツダ 767B 製作1

PC240290.jpg
ハセガワ 1/24 チャージ マツダ 767B
 毎年の近所の展示会に向けての今回の製作はマツダのル・マンカーでカーモデルは久々ですがプロトタイプカーを作るのは全くの初めてです、ただこのモデルは塗り分けが難しそうという所です。

PC240292.jpg

PC240293.jpg

PC240294.jpg

PC240295.jpg

P1120333.jpg

給油口のパーツ付けにガイドがないので付けやすいようにエポパテでガイドを設けました。
P1060332.jpg

P1060331.jpg

P1120334.jpg
 軽くブラックサーフェイサーを吹きました、大きなヒケなどを消していきます。久々のカーモデル製作はは何となく楽しいような。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ

PC090203.jpg
 映画ドラゴンボール超 ブロリーの公開前に突然出演の発表がされたゴジータはそれとともにおもちゃ、ホビー製品の商品化も発表され、密かに色々と発売準備がされていました、映画公開一週間前に突然発売されたフィギュアライズスタンダードのゴジータです。

1月発売の身勝手の極意をまでのんきにしているつもりでしたが、突然の新製品発売でこちらを製作したいと思います。

PC090205.jpg

PC090207.jpg

PC090208.jpg

PC090209.jpg
ヘッドパーツが2つ付いていて黒髪と青髪に交換できるようになっています、エフェクトパーツが悟空とベジータのものが付属しています。

PC090220.jpg
 画像をみたときに上腕の形が身勝手の極意と同じかもと思いましたが、実際に同じでした、この上半身裸のボディは汎用パーツみたいです、ゴジータのベストを着せても違和感なく仕上がっていますのでゴジータ専用パーツと思うくらいです。身勝手とゴジータでパーツを流用させるという計画の経緯が気になります。

PC230286.jpg
 上腕パーツが左右共同じパーツになっています、自分が知っている過去に製品化されたものは左右対称の専用でしたのこのへんのコンセプトは謎です。

    
プロフィール

優四郎

Author:優四郎
submarine streetへようこそ、プラモデルを作っていますので、興味のある方はゆっくりと見ていってください。

カテゴリで製作した物が分かれています

リンクフリーです!相互リンクフリーです!



FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
訪問ありがとうございます
RSSリンクの表示
検索フォーム
メーカーページへリンクします
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
175位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: